まとめ役としての立場で求められるもの

介護リーダーとは、利用者に適したサービスの提供だけでなく、介護士のまとめ役も担っている立場をさします。介護リーダーになるための条件は決められていませんが、5年以上の実務経験を持っている介護福祉士が介護リーダーを任されるケースが多いようです。

介護福祉士の資格を持つ人は介護士に必要なスキルと経験を備えているケースが多いです。他の介護士のサポートに適任のため、介護リーダーに任命されるのでしょう。しかしこれだけでは、介護リーダーへのキャリアアップを目指している人にとっては何が必要なのか詳細が分かりにくいかもしれません。

介護リーダーに求められているスキルの1つが、指導力といえます。介護リーダーは他の介護士に対して技術的な指導やアドバイスを行うシーンがあります。介護リーダーの指導力が低いと良い人材を育成できないため、指導力の向上が求められています。

それ以外に、介護リーダーはマネジメント能力も求められます。介護リーダーは人材育成だけでなく人員の配置や介護業務の見直しを行い、より良い介護施設を作り上げる能力が必要なのです。

コミュニケーション能力も、介護リーダーには必要なスキルといえます。介護士とのコミュニケーションだけでなく利用者とのコミュニケーションも積極的に行うことによって、介護士と利用者の両方に良いサポートを行えるようになるからです。

高度な技術や知識も、介護リーダーには求められます。介護リーダーの技術と知識が高くなければ、他の介護士にアドバイスをしても説得力に欠けてしまいます。そうならないためにも、技術と知識の向上は重要だといえます。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031