キャリアアップして役職につくには

介護士は、国内の高齢化が進む中で将来性のある職業として注目が集まっています。そうした状況の中、介護の仕事を通じてキャリアアップを果たすには、有意義な経験を積める職場を見つけることが重要といえます。

たとえば、介護リーダーなど介護現場の責任者のポジションを目指したい人は、ベッド移乗や排せつ、食事などの身体介護だけでなく、レクリエーションの運営や送迎など様々な仕事を担当できる職場で働くことが大切です。

職員の資質の向上に取り組んでいる社会福祉法人の中には、介護職のキャリアアップに役立つ研修の機会を用意しているところもあります。また、外部の講師を招いて介護業務に関するセミナーや勉強会などを開いたりしているところも多いです。

一般の介護職員から介護リーダーになるために必要な経験年数や能力、資格などは、職場によって大きく異なります。そのため、就職活動中にそれぞれの現場で期待されているリーダーの役割についてきちんと確認することが大切です。

なお、介護福祉士やケアマネジャーの資格は、多くの介護士にとって、介護リーダーを目指すうえで重要な資格として位置づけられることがあります。順調にキャリア形成を図るためにも、できることをしっかり把握しておきましょう。

まず、介護現場の責任者として取得しておくべき資格の種類について、採用面接を受ける前に人事担当者に質問をするのも有効といえます。他にも、各地の老人ホームやデイサービスなどで介護リーダーとして活躍している人にアドバイスをもらうことも大事です。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031